アルバイト求人の探し方 体験談

いまどきのアルバイト求人の探し方をアドバイス

体験談1)アルバイトの応募は張り紙をチェック?

 

私はアルバイト探すとき、情報誌で探しました。地区ごとや職種別に載っていますし、探しやすいと思います。
ただ、あまり情報が載っていないところは少し怖いので、選ばないようにしていました。

 

しかし、よく考えてみれば周りにはアルバイトの求人が溢れています。情報誌には載っていないけれど、募集をしているところはたくさんあります。

 

我が家の近くの喫茶店も張り紙を貼っていますし、コンビニには当たり前のように募集の紙が貼ってあります。家の近くで働きたいという人は、近所を歩いてみるといいかも
しれません。思いがけないところに張り紙があるかもしれませんよ。

 

私の友人も、張り紙を見てアルバイトに応募したようです。
最近はスマホを見ながら歩く人が多いせいか、張り紙を見る人は意外と少なく、穴場だと言っていました。少なくとも、よっぽど割のいいアルバイトでなければ、人がたくさん応募してくることはないとのことです。

 

その友人からのアドバイスとしては、しょっちゅう募集しているところは要注意らしいです。ずっと同じ張り紙なら応募がないだけかもしれないけど、違う張り紙でしょっちゅう募集しているということは、人の入れ替わりが激しいかも知れないとのことでした。

 

 

 

体験談2)アルバイト求人の探し方で重要なポイントとは?

 

アルバイト情報誌やサイトだけでなく、自分の目で確かめることも大切なアルバイトのオーソドックスな探し方としては、アルバイト情報誌などで探す方法でしょう。本屋さんなどにも置いてますし、無料の持ち帰り可能なものなどは、街角のあらゆる場所に置いてあるでしょう。

 

また今は、インターネットでアルバイト情報誌のWeb版がありますので、お金をかけずに簡単にアルバイトを探せるようにもなったでしょう。

 

アルバイトを探す時に人気なものが、オープニングスタッフの募集だと思います。
みんなで経験ゼロから働き始めることができますので、人間関係における悩みなども比較的少なくなりますし、仕事に対する団結力も強くなるからではないでしょうか。

 

オープニングスタッフのアルバイトはアルバイト情報にも載ってきますが、自分の自宅の近所や街を歩いている時などにも新しいお店がオープンしそうなところなどをチェックしておくといいのではないでしょうか。

 

自宅の近所でのお店でオープニングスタッフとして働く場合は、自宅から通いやすいという利点もありますし、のようなお客様がいらっしゃるかなどだいたいの客層も予想できますので、知らないところで働き始めるよりも働きやすいのではないかと思います。

 

また、よく出掛ける街などでも実際にその場所の雰囲気も熟知しているでしょうし、そこからどのような雰囲気のお店ができるかなども予想できると思います。

 

ですので、アルバイト情報誌だけは感じることのできないことなどを知ることができますので、実際に自分の目で確かめてアルバイト先を探すことも大切でしょう。