長期のパートを探しています!経験者の体験談も。

長期のアルバイト・パートを探しています!

日中の空いた数時間で働きたいというときに、長期契約のアルバイトやパート」のお仕事を探しますよね。バイト(アルバイト)とパートって、明確な違いはないみたいですね。

 

でも、なんとなく主婦がやるのがパート、学生はバイトみたいな感じになってます。それで、アルバイトの求人サイトでも、「パート」だけで特集してたりしますので、おすすめの求人サイトをご紹介しておきますね。

 

地元のデパートでアルバイトの体験

せっかくアルバイトやパートで働くなら、長く続けられる職場が好ましいですよ。定期的にお給料がもらえると、家計やおこづかいいにも強い味方になりますしね (^O^)

 

私は短期で地元にあるデパートに勤務したことがありますけど、販売員の方とかいいアルバイトだなーって思います。
午前午後と夕方とかシフトはハッキリしてるし時給も高そうだから魅力的です。地下を除いては、あまり忙しそうじゃないし・・^^;

 

それで、短期でやったときはお歳暮の時だったけど、デパートのバイトといっても、いろいろとあるんだなってわかりました。

 

お店の販売スタッフは、食料品コーナーとかは各店舗で独自の雇われているスタッフだし、惣菜とかはその場で製造しているパートのおばさんもかなりいました。

 

 

百貨店に直接契約しているひとだと、直営店の担当の人や、清掃の方なんかもいらっしゃいました。

 

接客の商売なので、どこの職種であってもマナーや礼儀といった部分が重要視されるので、キッチリした性格の人には長期でパート勤めするのに最適じゃないかと思います。女子大生でも接客が好きな人は長くバイトしてましたしね。

 

季節によってお歳暮とかクリスマスとか、イベントというか繁忙期があるので、そうした時のバイトだけでも結構稼げる感じがしました。

 

大学の事務のアルバイト経験

私は東京の大きいことで有名は私立大学に行きました。

 

文系なのもありまして、当時は正直あまり勉強も忙しくなく、平日のうち3日〜4日はアルバイトをしていました。大学の友人もだいたい同じようです。サークル活動か、バイトしているか、どちらかという毎日でした。

 

その中でもわりと真面目な友人は、大学の事務室のようなところでアルバイトしている人がいました。

 

そういう経緯で採用になったのかは、あまり詳しく聞かなかってんですが、確かお兄さんの同学校出身で在学中にそのバイトをやっていたのか、そんなような理由だったと覚えています。

 

大学の職員というのはマンモス校だったからかもしれませんが、思いの外たくさんの職員が働いているようで、その補助的な業務を諸々やっていたみたいです。就職課の仕事を手伝っていることもあったそうで、実際僕らが就職活動するときも、かなりいろいろな業界の状況だとかを周知していました。

 

短時間でも長期間できるバイトですね

僕はあまり就職課を利用しないで、サークルの先輩リクルーターを頼ったりしたので、よくわからないですが、かなり大学の就職課というのは”使える”存在みたいですね。

 

バイトは基本的に授業がない日中と、たまに土曜日もいっていたそうです。お給料はそれほど、突出していなかったけど、安定して長期に渡ってできるバイトはメリットだと思います。

 

あまり一般には募集していない職種だと思いますけど、やってみたいバイトの1つではありますね。

まとめ

主婦や学生の方では、長く続けられるアルバイトをお探しの方も多いでしょう。授業や家事の合間の2時間だけとか、いろいろ都合により働ける時間が決まっていたります。

 

でも、大丈夫。けっこう融通の利くバイト先が多いものですよ。そうした細かい条件も、バイト求人のサイトだと条件を決めて検索できたりしますからとても便利ですね。求人雑誌だと、いちいちページをめくるのが、メンドクサイですからね・・・